プロフィール

自己紹介マンガ

きっかけは「ヒカルの碁」

みなさんは「ヒカルの碁」を知っていますか?
マンガやアニメでご存じなのではないでしょうか。

私も子供のころにマンガ「ヒカルの碁」を読みました。
囲碁のおもしろさを伝えてくれた名作です。

「ヒカルの碁」のすごいところは、白熱した対局シーンや主人公たちの葛藤が、
囲碁のルールを知らなくても、しっかりと伝わってくるところ。

ただし、この作品を読み終えても、囲碁を打てるようにはならない…
「ヒカルの碁」が描かれた入門書を読んでも、当時の私は囲碁を続けられませんでした。

趣味がない私と囲碁の再会

大人になって妻と子供ができた私は、家で過ごす時間が増えました。
外で飲み歩いたり、遠出する機会は減っていたのです。

家で出来る自分時間の趣味として、私が思い出したのが囲碁でした。
当時の私が考えた囲碁を趣味にするメリットは次の3つです。

  • 家でも出来る趣味(書籍、インターネットでも学べる)
  • 始めるまでの準備が少ない(高い道具は必要ない)
  • スキマ時間でやれる(家族が寝てから取り組める)

心から囲碁に出会って良かったと思っています。
これまで趣味のなかった私に、はじめて趣味ができたのです。

ハセック
子供のころに挫折した私がどのように囲碁を楽しんできたか、
今後のブログで書いていきたいと思います。